アミノ酸、シトルリンの効果とは

シトルリンもアミノ酸の1つ

私たちの身体は基本的にタンパク質と呼ばれる物質で成り立っています。
タンパク質をさらに細かく見てみると、アミノ酸というパーツから成り立っています。
身体を構成するために必須なアミノ酸は20種類あり、この並べ方によって様々な機能を持つタンパク質が出来上がっていきます。
必須アミノ酸の他にも自然界には多くのアミノ酸が存在しています。
シトルリンもこのアミノ酸の1つで、1930年に日本でスイカから発見された物質です。
特に哺乳類をはじめとした動物に多く存在しており、体内の重要な代謝経路の1つである尿素回路を構成している化合物の1つです。

血管の健康

シトルリンが発見された当時は、医薬品として使用されていましたが、近年サプリメントや食品素材として使用が認可されました。
海外では精力アップや二日酔いの予防、筋力のアップに効果的だとして以前から使用されていました。
また疲労回復の薬として販売されている国もあり、近年の研究では血管に作用することにより健康を保つ働きがあることが解明され、注目されている化合物です。

年齢とともに血管の柔軟性が失われると、動脈硬化を引き起こし血管が詰まりやすい状態になってしまいます。
この状態が続くと心疾患や脳梗塞など重篤な疾患につながる可能性が高くなります。
また、内臓脂肪の増加に伴う高脂血症や高血圧などが原因でも動脈硬化が引き起こされます。

このような疾患を防ぐためには血管の柔軟性を保つ必要があります。
シトルリンには、一酸化炭素の生成を高める働きがあります。
一酸化炭素は血管を拡張する働きを持つため、動脈硬化によって狭くなってしまった血管を広げてくれることにより心疾患や脳梗塞を防ぐことができるのではないかと期待されています。

また、末梢の血管を拡張させて血液の流れをよくすることによって、冷え性の改善やむくみの予防効果も期待されています。
血液とともに栄養を身体中にめぐらせることができ、老廃物もスムーズに代謝で来るようになるためダイエットなど美容に対する効果もあるとされています。

男性機能の改善

男性器の海綿体への血液の流入を促進することによって、勃起不全などの男性機能の改善にも効果があるとされています。
また、筋肉への血液量を増やすことで筋力アップにも貢献する可能性があります。

このようにシトルリンは、若々しく過ごしたい方や生活習慣病による合併症が気になる人、スポーツをする人やダイエットをしたい人など幅広い人の要望に応えてくれることが期待できる素晴らしいアミノ酸なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です