アミノ酸は足りてますか。シトルリンの効果

シトルリンの効果

最近話題になっているシトルリンですが、実際にどんな成分かどんな働きをしてくれる成分なのか知っていますか。
今回はシトルリンの効果について説明していきます。

シトルリンは1930年に日本でスイカの果汁から発見されたアミノ酸成分の1種で、メロンやキュウリなどのウリ科の野菜に多く含まれている成分です。
また遊離アミノ酸とも言われており血液や尿、細胞中にも存在しているとされています。
日本では2007年からサプリメントなど食品素材としての使用が認められました。

血管拡張作用

まず代表的な効果としては、血管拡張作用が挙げられます。
体の血液量を増やし血液の循環をスムーズにすることで、酸素と栄養素を体のすみずみまで届けるという働きがあります。
また血液の循環が良くなることによって代謝が上がり冷え予防やその改善、浮腫防止、肩こり改善、痔の予防、ダイエット作用もあるとされています。
更に他のアミノ酸成分、特にアルギニンというアミノ酸成分と一緒に摂取することで、体内の一酸化窒素を増やしたり生成する働きがあります。
この一酸化窒素には血液の循環を良くする作用だけでなく、動脈硬化の予防や免疫力の向上の改善、体に害のあるアンモニアを取り除く効果や、疲労回復などのあらゆる効果があるのです。
他にも成長ホルモンの分泌量を増やしたり、筋肉増強、生理不順の改善などにも関係しています。

ウリ科の野菜に豊富な成分とされていますが、毎日食事から必要な量を摂取するのは大変困難です。
そこで注目されてきているのが、シトルリン含まれのているサプリメントです。
ネットや店頭での販売も多くされ始めており、摂取する目的によって飲むタイミングやサプリメントの種類も変える必要があります。
例えば、一酸化窒素の発生を増やしたいという目的であれば、運動の30分前に飲んだり、飲み合わせの良い他のサプリメントなどと一緒に摂取することで、体の中でより作用しやすくなります。
また美容効果や生活習慣のサポートとして摂取する場合はビタミンCと一緒に摂取したり、冷えを改善したい場合は生姜やハーブなどと一緒に摂取することで作用が発揮されやすくなります。

医師にかかっている人は相談してから

このサプリは健康食品として扱われている商品であるため、基本的には副作用がないと報告されています。
しかし持病を持っていてすでに薬を服用している場合には、健康食品とはいえ薬との飲み合わせが悪い場合もあるので、念のため医師に相談してから摂取し始めた方が安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です