シトルリンとは美容と健康をサポートする日本で発見されたアミノ酸

シトルリンはアミノ酸の一種

近年、サプリメントの成分として含まれることが増えたシトルリンとは、アミノ酸の一種です。
1930年に日本の研究者がスイカの果汁に含まれていることを発見し、キュウリなどウリ科の野菜に多く含まれていることがわかっています。

発見された当初は、シトルリンは医薬品に指定されていました。
そのため、医薬品以外の成分に使うことは許されておらず、サプリメントにも含まれていませんでした。
しかし、2007年に医薬品の成分から外され、食品素材の成分として使用することが認められます。
その結果、様々なサプリメントに配合され、今では多くの商品に使われる成分になりました。

血管の拡張作用

シトルリンの主な効果は、血管の拡張作用です。
摂取すると血流の増やすことできるので、全身の血の巡りが良くなります。
体内を流れる血の巡りが良くなると、体全体に人間に必要な栄養素、酸素を効率的に届けることが可能です。
そのため、美容目的のサプリメントなら美容に効果的な成分を体に行き渡らせることができて、医薬品の場合も病気に効果的な成分を届けてくれます。
つまり、美容や健康に効果のある成分を体中に行き渡らせる、サポート的な役割をしているわけです。

もう少し具体的な効果は、女性に多い冷え性やむくみ、肩こりの改善、痔の予防にダイエットなど、様々な良い影響を体にもたらしてくれます。
また、男性の場合は血管が拡張されることにより、ペニスの血流が増加してサイズアップの効果も得られると言われています。
そのほかにも、動脈硬化や二日酔いの防止、記憶力や集中力を高めたり、さらにはスポーツ後の疲労回復効果も期待することが可能です。
特に疲労回復の効果については、ヨーロッパでは疲れたときに服用する医薬品として販売されているほど、一般的な効果と言えます。

副作用はあるのか?

しかし、血管の拡張作用があると、副作用が気になるかもしれません。
副作用については、元々はスイカやきゅうりなどのウリ科の野菜に含まれている成分なので、特に心配することはありません。
現在までシトルリンの副作用は報告されていないので、安心して摂取して良いでしょう。
ただし、ほかの医薬品と併用した場合の影響は、完全に解明されているわけではありません。
もし持病があり特定の医薬品を服用しているなら、摂取する前に主治医に相談しておくと安心できるでしょう。
シトルリンは、食品素材として使うことが認められている成分なので、安心して摂取できる成分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です