シトルリンは副作用がないので安心して飲める

シトルリンのサプリ

ペニス増大サプリに含まれるシトルリンは、普通のドラッグストアでも販売されているポピュラーな成分です。
医薬品からサプリの成分にハードルが下がったことで、盛んに販売されるようになりました。
サプリとして認可された理由は、人体にとって安全で副作用がないと認められたからです。
過剰に摂取した場合は別ですが、目安量を守っている分には問題ありません。
もし副作用を感じるような場合は、過剰に摂取している、またはシトルリン以外の成分が作用している可能性も考えられます。
精力剤にはサプリタイプが多く存在しますが、医薬品タイプも少なくありません。
当然ながら医薬品には副作用があるため、サプリのように気楽には服用できません。
用法・用量を厳守して飲むことが大切であり、事前に健康食品なのか医薬品なのかチェックしておきましょう。

EDは生活習慣病に近い

もともとシトルリンはかなり昔から存在している成分であり、発見されたのは1930年のことです。
すでに80年以上前から存在する成分であり、スイカから発見されたのです。
食品由来の成分のため安全性が高く、毎日飲んでも問題はありません。
むしろ毎日飲めるからこそ体質改善に適しており、体質からEDを遠ざけることができるのです。
EDは下半身の疾患のため、薬を飲めば簡単に治ると思うかもしれませんが、現実は生活習慣病に極めて近いと言えます。
日々の乱れた生活が引き金となって発症するため、根本から治すには体質を見直すしかありません。
動脈硬化を促進する生活は、すべてEDの原因になると考えていいでしょう。
例えば脂質異常症や高血圧はもちろん、高血糖や喫煙なども原因となります。

ストレスはEDの敵

脂肪を溜め込みやすい体質の方は動脈硬化になりやすいですし、遺伝の問題もあるでしょう。
規則正しい生活を送っていても、動脈硬化が進行しやすい方はいます。
男性機能にも個人差があって、20代から勃起不全を実感する方もいるのです。
ただ、昔と比べてEDの低年齢化が進んでいることから、食生活の乱れやストレスが関係していることが予測されます。
特にストレス解消は男性機能を復活させる鍵となるので、ストレスを溜め込まない生活を意識しましょう。
慢性的なストレスを感じている方は、ゆっくりと休息をとることに勝る解決法はありません。
同時にシトルリンを飲んで細胞レベルで元気にすれば、短期間で男性機能を元気にすることは可能です。
脂質異常症だと診断された方は、EDにもなりやすいと認識しておきましょう。

アミノ酸は足りてますか。シトルリンの効果

シトルリンの効果

最近話題になっているシトルリンですが、実際にどんな成分かどんな働きをしてくれる成分なのか知っていますか。
今回はシトルリンの効果について説明していきます。

シトルリンは1930年に日本でスイカの果汁から発見されたアミノ酸成分の1種で、メロンやキュウリなどのウリ科の野菜に多く含まれている成分です。
また遊離アミノ酸とも言われており血液や尿、細胞中にも存在しているとされています。
日本では2007年からサプリメントなど食品素材としての使用が認められました。

血管拡張作用

まず代表的な効果としては、血管拡張作用が挙げられます。
体の血液量を増やし血液の循環をスムーズにすることで、酸素と栄養素を体のすみずみまで届けるという働きがあります。
また血液の循環が良くなることによって代謝が上がり冷え予防やその改善、浮腫防止、肩こり改善、痔の予防、ダイエット作用もあるとされています。
更に他のアミノ酸成分、特にアルギニンというアミノ酸成分と一緒に摂取することで、体内の一酸化窒素を増やしたり生成する働きがあります。
この一酸化窒素には血液の循環を良くする作用だけでなく、動脈硬化の予防や免疫力の向上の改善、体に害のあるアンモニアを取り除く効果や、疲労回復などのあらゆる効果があるのです。
他にも成長ホルモンの分泌量を増やしたり、筋肉増強、生理不順の改善などにも関係しています。

ウリ科の野菜に豊富な成分とされていますが、毎日食事から必要な量を摂取するのは大変困難です。
そこで注目されてきているのが、シトルリン含まれのているサプリメントです。
ネットや店頭での販売も多くされ始めており、摂取する目的によって飲むタイミングやサプリメントの種類も変える必要があります。
例えば、一酸化窒素の発生を増やしたいという目的であれば、運動の30分前に飲んだり、飲み合わせの良い他のサプリメントなどと一緒に摂取することで、体の中でより作用しやすくなります。
また美容効果や生活習慣のサポートとして摂取する場合はビタミンCと一緒に摂取したり、冷えを改善したい場合は生姜やハーブなどと一緒に摂取することで作用が発揮されやすくなります。

医師にかかっている人は相談してから

このサプリは健康食品として扱われている商品であるため、基本的には副作用がないと報告されています。
しかし持病を持っていてすでに薬を服用している場合には、健康食品とはいえ薬との飲み合わせが悪い場合もあるので、念のため医師に相談してから摂取し始めた方が安全です。

シアリスとは一体どんな作用があるのか

効果時間が長い

シアリスとは、主にEDを治療するための薬となっていまして、病院などでも処方をしてもらえる薬となっています。

即効性は他のED薬に比べても遅く、大体3時間ほどかかりますが、一度効果が現れると他のED薬と比べても非常に作用が長く、その長さは最大で36時間程度といわれていますので、一度飲むだけで一日だけではなく、次の日も継続して性行為を楽しむといった事も可能なんです。

他のED薬の場合でしたら主に即効性を求める人に向いているものとなりますが、シアリスの場合は性行為の質を高めていきたいといったに向いている薬となっています。

そのため、海外ではウィークエンドピルと呼ばれるほどで、パートナーの方も焦らなくて済みますし、本人にとってもじっくりと時間を楽しむ事が出来ます。
また、効き目が切れるのではといった不安を持たない事で、EDの原因である精神的な部分を改善してくれて、精神面でも安定させる事が出来るED薬となっていますし、結果的に男の自信を回復させてくれるものとなります。

食事の影響が少ない

また、他のED薬でしたら食事面で色々気を使わないとED薬としてのパフォーマンスを最大限に発揮できなくなりますが、この薬では食事に影響を受ける事がほとんどありませんので、好きな物を食べた後でも使う事が可能です。

ただし、確実に効果を発揮させるのはある程度空腹のときですので、食事の2時間前ぐらいに飲んでおくか、空腹の時に飲むと一番です。

アルコールに関しても、他のED薬でしたらアルコールの影響を受けてしまって効果を発揮しない事がありますが、シアリスの場合はアルコールを服用していたとしても、泥酔状態にでもならない限りは基本的に問題はありませんので、お酒を飲んだ後に服用しても大丈夫です。

ゆるやかに効果が現れるED薬となっていますので、頭痛やほてりといった副作用も無く、身体への負担が少ないのも特徴です。

ピルカッターを使うのが良い

シアリスにはタダラフィルという成分が20mg入っていますが、これをそのまま使ってしまうと自分が思っている以上に効果が現れてしまう場合がありますので、最初は20mgのものをピルカッターで割って、10mgとして使用するのが良いです。

どのED薬でもそうですが、ED薬を飲み続ける事でED自体を完全に治してしまう事があり、特にこのシアリスは長時間効果があるED薬という事で、他のED薬に比べて精神面から来るEDの治療の効果に向いている薬となります。

シアリスの概要と価格について

最も売れているED治療薬

第3のED治療薬として知られる医薬品にシアリスがあります。
現在、国内で認可されている3種類のED治療薬では最も新しく、発売以来世界100ヵ国以上で使用されるなど、これまでの利用者は1,000万人を超えるともいわれています。
2013年8月には世界シェア42%となり、最も売れているED治療薬になっています。
開発はヨーロッパで行われ、2002年11月の承認を経て翌2月からヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで販売が開始されています。
また、同年11月にはアメリカでも承認を受けており、日本においては2007年7月に承認され9月から販売が行われています。

シアリスの特徴

これまで国内で認可されていた2種類のED治療薬は、バイアグラでは服用から1時間程度、レビトラでは服用から最短20分程度と速効性を持つことが特徴としてあります。
一方、シアリスはこれら2つとは異なり、服用から効果を最大限発揮するまでに3時間程度かかる遅効性を特徴に持ちます。
しかし、その持続時間は長く、最大36時間にわたって効果を得ることが可能となっています。
海外ではその持続力の高さが大きな話題となり、別名ウィークエンド・ピルとも呼ばれています。

シアリスは種子状のくすんだ黄色い錠剤で有効成分としてタダラフィルお持ち、この成分が持続時間の長さの秘密になります。
また、持続性の他に食事による影響をほとんど受けないという特徴があり、メーカーの発表では800kcal未満の食事であれば影響は現れないとされています。

個人輸入で購入できる

シアリスには、5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤があり、20mg錠が最も強い効果を発揮します。
原則、医師の処方が必要な医薬品になりますが、製品は個人輸入を利用しても購入をすることができ、ここでは、より安い価格で購入をすることができます。
相場は1錠あたり、10mgが1,700円(税込)、20mgでは2,000円(税込)になり、代行業者によっても価格が異なります。
中には割引価格で提供しているところもあり、1例を上げれば20mgで4錠の場合、1錠2,000円が1,612円、箱では6,450円で購入をすることができます。
また、錠数が多くなれば高い割引率で購入でき、12錠では1錠あたり1,531円、箱買いで18,380円、28錠の場合には1錠1,451円、箱買いでは40,630円になっています。

ED治療薬は一般的には毎日服用するものではありませんが、長い期間使用することでわずかな価格の差が大きくなることもあり、その点、個人輸入には大きなメリットがあります。